コンゴ・キンシャサ 民族学博物館

Pocket

イメージ 1

*写真の右下をクリックすると拡大されます。

あまり期待はせずに、とりあえず行ってみたキンシャサの博物館ですが、なかなか面白かったです。

左上:現在に至るコンゴ混乱の悪の根源ともいえるレオポルド2世の銅像。その後ろに小さく見えるのはこちらも悪名高いスタンレーさんか。
中上:駐車場に展示されている独立前の写真。北米の先住民に通じるものを感じた。
右上:モブツ・セセセコ時代に倒された銅像。これが誰かなのかを確認し忘れた。さすがは独裁者と呼ばれたモブツ・セセセコ、やることが豪快です。

左中:木のお面の数々。お面のレベルの高さでは、コンゴは断トツの一番なのではないでしょうか。興味深いものがたくさんありました。
中中:特に手の込んでいたお面。
右中:こちらは楽器の数々。

左下:モブツ・セセセコの座った椅子。金製で、ライオンがあしらわれている。椅子も豪快。この悪趣味さ加減が良い。
中下:派手な姿のダンサー二人。実物を見てみたい。
右下:こちらも、モブツ・セセセコの椅子。当時ヒョウ柄といえば、この人でした。こちらも、らしさがあって良い感じ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

トップに戻る