誰のためのオリンピック、Noといえない日本

Pocket

今日、オリンピックを無観客でやるとの報道をみて驚いた。

 

当初、私はオリンピック開催に賛成していて、プロ野球ができるんだから、オリンピックもやれば良いし、既に1年を過ぎたコロナ禍は長期戦になるだろうから、一つくらい明るい話題で息抜きした方が良いと思ったことや、プロ野球が再開になった時の喜びを覚えているのが理由だった。

 

しかし、生で観戦できないなら、感染拡大という危険性を承知の上でオリンピックを受けいれている日本国民に何の役得もなくなってしまう。世界に中継を届ける目的でオリンピックを開催して撮影するのだろうが、撮影するだけならリモート・オリンピックで良かった訳で、わざわざ人口密集度の高い日本の首都でやる必要性が全く感じられない。種目別に各国各地で人口の少ない町でリスクを分散して開催して撮影しても、テレビで観るだけなら同じことだ。

 

日本人を会場に入れないという決定ではなくて、日本に来るオリンピック選手団や関係者にちゃんと隔離期間を守ってもらい、人数制限もして安全を確保した上で、リスクを背負ってまで開催した日本人には会場でちゃんと楽しんでもらうべきでは。感染拡大の危険性にさらされながら、生で観戦してそれを楽しむことさえできない日本人が気の毒でならない。

 

このオリンピックの招致を始めたのは、Noと言える日本を語った方だったように覚えているが、結局誰もNoと言えず、IOCの都合のために自国の国益を犠牲にしているようにしか見えない。自らの都合のために大事な会議を欠席した当事者の報道は見かけたが、日本人のために日本の国益のために、IOCなり世界各国と闘いましたというような報道は見たことがない。日本の政治家は誰のために政治をやっていて、誰のためにこのオリンピックを開こうとしているのだろうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

トップに戻る